便利屋を使う場合に不安を感じる点

便利屋を使う場合に不安を感じる点

便利屋さんは、何でもできるのでしょうか?そんなことはありません。
何でもできるのではなくて、何でも引き受けることができると考えた方がいいでしょう。
優秀な便利屋さんと言っても人間なのです。
 
出来ることと出来ないことはあります。何でも引き受けてくれる便利屋さんが、良い便利屋です。
自分で出来ない依頼は専門家にサポートをしてもらいながら解決します。
例えば、グランドピアノを運搬して欲しいという依頼。
そんな依頼があったらば、提携しているピアノ専門の運送業者に依頼してくれるのが
便利で役立つ便利屋さんです。
「うちはできません」では、信頼を得ることができません。この違いは大きいと思います。
 
グランドピアノですが運んだだけでは終わることはなく、その後、調律しなければなりません。
例えグランドピアノは運べても、調律までできる便利屋さんはさすがに少ないでしょう。
良い便利屋さんの条件は、「いかにたくさんのネットワークを持っているかどうか」とも言えます。
 
利用者は「便利屋さんは何でも屋さん。だから、何でもできて当然だから、仕事を断ることがない」
と思っているかもしれません。
ここが、便利屋さんを使うときに不安を感じる点なのかもしれません。
誤解があるからです。
 
便利屋さんを使ったことがない人に多く持っているイメージですが、何でもできるなんてあり得ないのです。
よく考えてみたら、便利屋さんが何もかもできるならば、専門業者は不要ですよね。
便利屋さんはオールマイティーではありません。
スーパーマン的なイメージの先入観を持っているならば、それは捨てたほうがいいでしょう。
 
他の業種と異なる特殊性を持つ便利屋さん。専門業者はサービスする内容を業者が自分で決定します。
しかし、便利屋さんの場合は違います。
「依頼者がお願いしたい内容がサービスになる」のです。
 
つまり、利用者が便利屋さんのサービス内容を決めるという図式になります。
仕事内容を便利屋さんサイドで決められない不思議なことが起こります。
便利屋さんのオフィシャル・ウェブサイトを見ると気になる表現があります。
 
「よくある依頼」であったり、「得意なサービス」であったりします。
便利屋さんによって説明もバラバラ。営業する地域性もあります。
 
便利屋さんは「何でもできる」のではなく「何を依頼してもできる可能性がある」と考えましょう。
それをするから「何でも屋」と呼ばれることがあるのです。
何でも相談できるのが便利屋です。
 
便利屋サイドでは、依頼者からリクエストを貰わない限りは、何をするのかわかりません。
便利屋さんが何をするのは依頼者が決めるのです。
このような事情がありますから、便利屋さんは
「何でもご相談ください。こちらができることは、何でもします」というスタイルの仕事になります。


便利屋 札幌

札幌 便利屋

遺品整理 札幌 

札幌 遺品整理